安斉重夫(Shigeo Anzai)プロフィール

list 安斉重夫 彫刻の歩み

42_3_1
1948年(S23)  福島市に生まれる
1971年(S46)  福島大学卒業(在学中に彫刻を白沢菊夫氏に師事)
1973年(S48)  二紀展に初入選、以降8年間連続入選後退会
 個展中心の活動を開始する
1982年(S57)  彫刻家村上勝美氏に出会い、鉄の彫刻を始める
1985年(S60)  いわき市民美術展入賞、いわき美術協会展入賞
 以降、数多く入賞する
1987年(S62)  福島県総合美術展入賞
1994年(H06)  NHKテレビ「おはよう日本」で全国的に放送される
 東北・北海道選抜美術展に選抜出品(盛岡市)
1998年(H10)  いわき市美術展で市長賞を受賞
1999年(H11)  いわき市美術展で教育長賞を受賞
 いわき市立美術館で展示(ニュウアートシィーン)
2000年(H12)  いわき市民美術展で教育長賞を受賞
 いわき市立美術館で「境界を越えて」に出品
2001年(H13)  ふくしま未来博に出品
2002年(H14)  福島県総合美術展で準大賞を受賞
2003年(H15)  福島県総合美術展で県立美術館長賞を受賞
2004年(H16)  福島県総合美術展で県立美術館長賞を受賞(招待となる)
2005年(H17)  河北新報美術展で一力次郎賞を受賞
2006年(H18)  河北新報美術展で東北放送賞を受賞
2007年(H19)  晩翠画廊(仙台)、いわき等で個展
2008年(H20)  ガレリア・グラフィカ(銀座)、いわき等で個展
2009年(H21)  ぎゃっりー403(銀座)、仙台、いわき等で個展
2010年(H22)  河北新報美術展で東北電力賞、ぎゃらりー403(銀座)、いわき等で個展
 宮沢賢治イーハトーブ館(岩手県花巻市)で1年間の展示
2011年(H23)  軽井沢朗読館、北軽井沢「ルオムの森」に展示
 宮沢賢治イーハトーブ奨励賞を受賞
2012年(H24)  河北新報美術展で東北電力賞
2014年(H26)  喜多方市美術館で企画展
  2016年(H28)  日本橋三越本店で企画展

list 安斉重夫の今

<現在>
42_3_2
鉄の彫刻作品に癒しのメッセージ「心の森に青い鳥をさがす」を込め制作活動中。

自分の体を含め、ひとは自然の一部であるという考えを持つ。
自分自身の中にある森は、最も近い自然。その森と無理なく向き合うだけで、不思議と何か癒されるような、楽に生きられるような気がする。

今後は、絵や詩、絵本作りなどにも挑戦予定。
福岡正信の自然農法にも共感し野菜作りなどにも勤しむ。

list 個展を中心に活動中

 

<個展>

中央画廊(会津若松)
しらい画廊(会津若松)
椿屋画廊(いわき)
三桜社(福島)
丸善画廊(仙台)
イーゼル画廊(いわき)
武蔵野画廊(いわき)
矢吹町ふるさとの森芸術村
第一書店(盛岡)
川上画廊(銀座)
新発田市文化ホール
ギャラリー52(飯田橋)
すどう美術館(銀座)
昨明(いわき)
ギャラリーI(いわき)
北斗画廊(郡山)
創芸工房(いわき)
木もれび(いわき)
界隈画廊(いわき)
晩翠画廊(仙台)
ギャラリー山形(喜多方)
ガレリア・グラフィカ(銀座)
宮沢賢治イーハトーブ館(花巻)
ぎゃらりーBUN (花巻)
ギャルリーヴェルジェ(相模原)
軽井沢朗読館
ルオムの森(北軽井沢)
ギャラリーび~た(京橋)
コキヤージュ(浜松市)
杜の蔵(新潟市)

ギャラリー磐城(いわき市)

かつらぎ画廊(北茨城市)

※各ギャラリーへのリンクは「リンク集」からどうぞ