軽井沢朗読館に春蝉を聴く

13085784932011年6月20日

6月7日~19日の3日間、軽井沢朗読館に行ってきました。館長の青木さんが現在、花巻の宮沢賢治イーハトーブ館に展示してある作品群をそっくり、軽井沢 に展示できるようなところを紹介してくれるということ。青木さんのおかげで7月13日から北軽井沢のルオムの森に展示できることになりました。トゥリーハ ウスや寝ながら星を眺めることのできる家、その他たくさんのロッジのある森です。その中にある古い大きな別荘を改造したレストランの2階に展示します。日 本で一番に子供達の来るキャンプ場なのだそうです。すごくおもしろそうな所です。どうなるか楽しみです。朗読館のまわりの森にはこの季節、たくさんの小さ な春蝉がいて、朝のある時間になると、一斉に鳴きだします。かじか蛙お声かと間違うようなきれいな声でした。不思議な空間でした。7月末に、ルオムの森、 朗読館と同時に軽井沢の近くの追分にある有名な旅館「油屋」(堀辰雄が執筆していた)を改造したギャラリーにも展示します。3カ所の同時展示になります。 今回もすっかり青木裕子さんにお世話になってしまいました。


ちゃぐちゃぐうまっこを見てきました

2011年6月20日

13085755296月11日(土)は盛岡市で恒例のちゃぐちゃぐうまっこがありました。宮沢賢治学会がこれに合わせて開かれたので、妻と参加して来ました。朝は小雨が降っ ていたのに、行列の時間には日の差すちょうど良い天気なり、着飾った馬とかわいい乗り手のこどもに感動でした。午後からは賢治が青春を過ごした盛岡の足跡 をたどる会がありました。しばし、震災を忘れる楽しい会でした。